トラブル解決ワークショップ授業

対象:小学校高学年〜中学生 
所要時間:1回1時間(全3回)
 
 
授業風景

 
学級で起こりうるトラブルを演劇を用いて考えるワークショップ授業です。
みんなで考え、トラブル回避をめざします。
この授業は、発達障害の友だちとのつきあいを考える理解教育のプログラムとして開発しました。
 
生活の中で起こりうるトラブルを寸劇形式で上演。
寸劇

 
その劇をもとに5段階のプロセス
 
「どんなことが起こっているか」
「何ができるか」
「もし〜するとどうなるか」
「どれをするか決める」
「結果はどうだったか」
 
を踏みながら、クラスで意見を出し合い結果を検証。
授業風景

 問題に対処する思考力を身につけます。