トラブル解決ワークショップ授業

対象:小学校6年生〜中学生
所要時間:1回1時間(全3回〜)

児童・生徒間での問題解決をめざすソーシャルスキルトレーニングの授業

最低3回行う一貫した授業により、ソーシャルスキルトレーニングにおいて重要とされる問題解決のステップを日常生活で生かせるようねらった授業です。

授業風景

演劇やワークショップを活用

◎学年単位でお受けし、授業は学級単位で行います。最低3回実施します。
◎日常で起こりうる友だち間のトラブルを演劇で実演し、問題提起します。
◎授業の活性化と学級内のコミュニケーション作りをねらったワークショップを行います。

 

児童・生徒の皆さんの感想感想(抜粋)

・普通に過ごしていても、ちょっとしたことで人を傷つけていたのかも?!と考えるようになりました。
・大人になっても役立つと思いました。
・一つ一つの問題をじっくり丁寧に進めていて、どうしたら解決できるのかをじっくり考えられました。
・人にはそれぞれの性格があって、それを理解して人と接していこうと思った。
・言葉だけでなく、劇などの面白い方法でおしえてもらったのでとても分かりやすかった。
・はじめにゲームがあって、全て楽しくて面白かったし、みんなで意見を発表しながら授業するのが楽しかった。
・最初のゲームをしているうちに、あまり喋らなかった友だちと喋れるようになったり、楽しかったです。


トラブル解決ワークショップ授業パンフレット(jpg)