「演劇=コミュニケーション芸術」という理念の元、地域の産業の宇治茶を題材に取り入れた演劇ワークショップを活用した授業です。
文部科学省が推進している『児童生徒のコミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験』という事業の一環としても実施しています。
演劇アーティストが学校に訪問してワークショップ指導を実施することにより、豊かな情操を養うとともに、知識の深化をはかり、コミュニケーション力の育成を図ります。

授業紹介

山城のたから授業
山城の5つのたからと急須をつかったお茶の淹れかたを学ぶ授業です。 

 



茶どころワークショップ授業
  日本のお茶の知識を活動的に学び、協働でお茶演劇を創りあげ、お茶への興味関心を深めます。

 



ろうどくんシアター
国語で学ぶ文学教材を原文をそのまま用いて演劇として上演する授業です。

 


おうちで簡単宇治抹茶授業
 「お茶入れMovie」を用いて、抹茶の点てかたを学びます。
 

 

トラブル解決ワークショップ授業
学級で起こりうるトラブルを演劇を用いて考えるワークショップ授業です。
 
 

 

山城のたから授業
山城の5つのたからと急須をつかったお茶の淹れかたを学ぶ授業です。 

 



茶どころワークショップ授業
  緑茶の知識を活動的に学び協働でお茶演劇を創りあげ、お茶への興味関心を深めます。

 



ろうどくんシアター
国語で学ぶ文学教材を原文そのままに演劇として上演する授業です。

 


おうちで簡単宇治抹茶授業
 「お茶入れMovie」を用いて、抹茶の点てかたを学びます。
 

 

トラブル解決ワークショップ授業
学級で起こりうるトラブルを演劇を用いて考えるワークショップ授業です。